脊椎矯正と整体・カイロプラクティック

脊椎矯正と整体・カイロプラクティック

2016年1月14日
/ / /


米Appleが次期iPhone(「iPhone 7」と呼ばれる)で3.5ミリイヤフォンジャックを排除するといううわさを受けてオンライン署名ページSumOfUsで始まった「Appleにイヤフォンジャックの継続を訴える署名」が、目標数の21万人を超えた。 その後、米9TO5Macなども独自の情報筋からこのうわさを裏付ける情報を入手したと報じている。 本稿執筆現在、21万7058人となっている。 また、同社はBeatsブランドのBluetoothイヤフォンを開発中といううわさもある。 日本からも署名できる。 このうわさは、Apple情報に詳しいMacお宝鑑定団Blogが「信頼できる情報筋の話」として昨年11月に最初に報じたもの。 AppleのiPhoneにはこれまで標準で純正のイヤフォンが付属してきておりiPhone 7にもLightning接続のEarPodsが付属するとみられている。 Appleは過去にも、iPodのDockコネクタを最初のFirewireから2003年にDockコネクタに、その後さらにLightningへと変更し、大量のコードやケーブルを無用の長物と化させたとこのページは訴える。 署名ページには、「この変更はiPhoneユーザーにイヤフォンを買い換えるための余分な支出を強いるだけでなく、リサイクルされない電子機器の山を創出することになる」とある。

円筒型スピーカーの格好をしたエコーは、Wi-Fi/ブルートゥース経由でネット接続し、音声での受け答えや品物のネット注文などができる。 ブラボーから逆にスマホも見つけられる。 サードパーティー側でも、自ら巨額の投資じてソフトを開発せずに、高いレベルの音声インターフェースを活用できる利点がある。 米ラスベガスで開催された「CES 2016」に出展していないにもかかわらず、パートナー企業の製品やサービスを通して存在感を発揮したのが、ネット通販最大手のアマゾンだろう。 突き詰めれば、物販のための音声アシスタントにすぎない。 さまざまな機器やサービスに組み込む音声インターフェースとして、アレクサの機能のサードパーティー展開を強く打ち出している。 それをアレクサファンドの資金支援を受けて、音声でも操作できるように改良する。 屋内で場所を特定するWi-Fi対応の電気プラグ「アトラス(Atlas)」は39ドルだ。 5日にフォードが発表した内容によれば、同社の第3世代の車載情報システム「SYNC(シンク)3」と、アマゾンのエコーおよびアレクサを連携させるという。 自宅にいる場合はエコーを、車内ではアレクサの機能を使って、自動車の情報も音声でやり取りできる。 その秘密は、クラウドベースの家庭用音声アシスタント端末「アマゾン・エコー(Amazon Echo)」と、その中核ソフトウエア「アレクサ(Alexa)」にある。 車内からエコーに接続し、自宅の照明や、室温を調整するサーモスタット、セキュリティーシステム、ガレージドアなどを音声で操作したり、これらの機器の状態も確認できるようにする。 その逆も可能だ。 今春にもソフトをアレクサ対応にアップデートの予定。 このほか、住宅向け防犯システム会社の米ビビント(Vivint)も、アマゾン・エコーを通じて、ドアロックや防犯システムの入り切り、照明、サーモスタット、ガレージドアなどを操作できるようにするとCESで発表した。 現在のトリビィは、インターネット通話で受けた電話をスピーカーフォンで話したり、ラジオを聞いたり、外出先から送られたメッセージや絵を表示したりできるが、スマートフォンアプリか本体のボタンでしか操作できない。 ブラボーは、物をどこに置いたか分からなくなった場合、スマホのアプリを操作し、音を出して探しやすくする仕組み。 外出先などで紛失した場合は、ほかのbravoユーザーのスマホが紛失物の100フィート(約30m)以内に近づくと検知し、持ち主のスマホの地図上に表示してくれる機能もある。 価格は199ドル。 ブルートゥース接続のスピーカー機器「トリビィ(Triby)」で、家族向けの情報ハブといった位置づけ。 こうしたことから、アマゾンでは1億ドルを拠出して「アレクサ・ファンド」を作り、ほかの会社が自社の機器にアレクサのソフトを導入する取り組みを資金面で支援する仕組みも整えた。 アマゾンのアプローチが他社と大きく違うのは、スマートホームのエコシステム全体の覇権を目的としていない点。 会場では、とくにスマートホーム関連で、アレクサやエコーとの連動を謳ったサードパーティー機器の出展が目立ったほか、フォード・モーターもコネクテッド・カー(つながる車)実用化の一環として、アマゾンとの提携を発表。 例えば、エンジンの起動/停止、ドアのロック/アンロックといった操作から、燃料の残量や走行可能距離、現在の走行場所と自宅までの距離/時間などの情報提供を、自然な言い回しで行えるという。

 製品発表会に登壇したエプソン販売代表取締役社長の佐伯直幸氏は、一般コンシューマーがプリントをためらう理由として、消耗品切れや交換の手間、コストなどを挙げ、2年間インクの追加購入が不要なエコタンクで、「これまでのプリンタの悩みを解消する新たな提案をしていく」とアピール。 エコタンク搭載モデルは、カラー6500ページ/モノクロ6000ページの印刷が可能な大容量タンクを搭載しているのが特徴。 価格は順に1万円台半ば、1万円前後、2万円前後(税別)。 A4カラー1万1000枚印刷時のインク交換回数は、カートリッジ式インクを採用する従来のプリンタが88回であるのに対し、エコインク搭載モデルはわずか8回と、インク補充の手間を大幅に省くことができる。 このほか、カラリオプリンタの新モデルとして、6色染料インクを採用するA4多機能複合機「EP-708A」と、A4顔料インク採用のA4対応複合機「PX-048A」をラインアップに追加したほか、PCなしで写真やシールを印刷できる新カラリオミー「PF-71」を発表、1月28日より発売する。  また、2年分のインク(A4モノクロ文書を月300枚印刷した場合を想定)を同梱しており、1枚当たりの印刷コストは、EW-M660FTがカラー0.8円/モノクロ0.4円、PX-M160TとPX-S160Tがモノクロ0.3円と、ランニングコストが低いのも目を引く。 これまでプリンタ市場のビジネスモデルは、本体の価格よりも消耗品のカートリッジ型インクで利益を上げる図式だったが、新興国で先行展開しているエコタンク搭載モデルが大きく成長しており、「気兼ねなく印刷できる」をキーワードに国内でも新しいビジネスに乗り出す。 プリントボリュームの高いユーザー層に向けて訴求する。

中国の株式市場の動揺が続いている。 この日は深圳市場も代表的な指数が6・2%下落した。 中国の株式市場は年明けから導入した取引停止措置のサーキットブレーカーが投資家の投げ売りを生む裏目の効果を生み、世界市場にまで動揺を広げた。 年明けに2度の取引打ち切りを引き起こした「サーキットブレーカー」制度が中断されたあとも、市場の不安はぬぐえていない。 年明けの6営業日で、5%を超える下落が早くも3度目という異常事態だ。 当局は7日夜に急きょ、始めたばかりの制度の見合わせを発表したが、市場に自信は戻っていない。 11日は前週末に米国市場が大きく下落したことや、週末に発表された中国の物価についての統計で改めて国内景気の減速が示されたことで、売りが止まらない状態が続いた。 11日の取引でも全面安となり、代表的な上海総合株価指数は5・33%下落して取引を終えた。



カイロプラクティック Chiropractic は脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」の他に「オステオパシー」やスポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

アメリカ(米国)治療家「D.D.パーマー 」(1845~1913) が生みだされた。

病気神経の障害により発生するという哲学に基づいて、、特に椎骨の関節の指圧で神経系の機能回復をしようとする治療方法なのです。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*