ぎっくり腰、整体

ぎっくり腰、整体

2018年8月4日
/ / /
ブログ カイロプラクティック


カイロプラクティック

カイロプラクティックとは1895年アメリカ(米国)ダニエル・デビッド・パーマーにより創始された治療法です。

カイロプラクティックの名前は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する造られた言葉です。

WHOでは補完代替医療として位置づけている。

発祥国米国や、イギリス、EU諸国などの一部の国ではおもに筋肉、骨格の障害を扱う筋肉系・骨格系ヘルスケアの専門職として法制化されています。


(WHO)世界保健機関の定義では、「筋肉・骨格の障害とそれが及ぼす健康への影響を診断、治療、予防する専門職である。

治療方法は手技によって行われる背骨矯正もしくは背骨マニピュレーションを特徴とし、背骨の小さな歪みに注目している」。

但し、カイロプラクティックの定義は、様々な団体教育機関によって違う時も多く見られます。

痛みの元が脊椎などの関節の構造的、機能的な異常(サブラクセーション)にあると考え、その歪み(サブラクセーション)を手技・器具で正しい位置に調整することで苦痛を施術することが「カイロプラクティック」と考えている人がいます。

米国カイロプラクティック協会が定めるカイロプラクティック(脊椎指圧療法)では骨格と神経系の疾病に特化した療法とされている。

カイロプラクティック治療者は薬/手術療法はせずに、カイロプラクティック独自の手技療法を施術の主な方法として、検査・診断と治療をしています。

カイロプラクターは幅広い診断知識を持っていて、治療に加え、理学療法・リハビリ、栄養・食事指導や生活の習慣の指導も行っています。

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 の名前は、ギリシャ語の Chiro「手技」と Prakticos「技術」を合わせた造語である。

これは、前述のサブラクセーション(脊椎の小さなズレ)の治療のために「アジャストメント」と言われる施術をすることに由来する。

WHO世界保健機関ではカイロプラクティック(脊椎指圧療法)を代替医療と位置付けている。

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)以外にオステオパシーやスポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

アメリカの治療師ダニエル・デビッド・パーマー が発明された。

病態神経機能の障害から発症するという理論に基づき、身体、特に背骨の関節矯正により神経系の機能の回復をしようとする治療法です。

19 世紀アメリカにて体系づけられた神経機能障害に対して行う治療です。

背骨の歪(ズレ)みを調整、神経の機能を整えさせ、組織や器官の異常を治す。

カイロプラクティック(脊椎指圧療法)は筋骨格系の障害とそれが及ぼす体への影響を診断、治療、予防するスペシャリストであり、アジャストメントもしくは背骨のマニピュレーション(矯正)を含めた徒手治療を特色として、特に脊椎の少しの歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する施術方法です。

簡単に言えば…、骨格のゆがみ、特に背骨のズレを手によって整復することによって神経の機能の働きを治療する施術法。

ですから人の身体をコントロールするのは脳・脊髄繋がる神経で、その神経線維の働きがよくなれば自然に肉体は疾病の軽減とともに健康になると考えているわけです。

健康管理システムの中における脊椎健康管理専門家です。

神経系や骨格系の機能、能力、健康全般そして生活の質を向上させる能力を有している。

最近のリサーチと臨床経験に基づいて、特に脊椎(背骨)と神経系の関りを重視しながら検査、診断、治療に専門的な着手計画をする。

手技療法、体操療法、患者の教育など含みながら、特に椎骨アジャストメントを執り行う教育を受けた専門職です。

「カイロプラクティック」は既往歴を取り、姿勢チェックなど各種検査をします。

身体のアンバランスを総合的に診断して施術順序を構成して、病状や体の特徴に対応した施術テクニックを使用します。


腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、ウェスト部分に痛み炎症などを生じる状況を指す一般的に使用される語句。
疲労、慢性疲労、体調不良
世界の腰痛事情。
国で、学会の方策、文化や暮し、習わしが異なっても腰(こし)の疾患の発症確立はおおよそ変わりないのである。
WHO世界保健機関の著述では後述のように記載されている。
「腰部(ようぶ)の疾病の発症する確立や有病率は世界中の至る所でほぼ変わりないのである。 腰(こし)の疾病は各国で休業する原因のナンバーワン」。

姿勢による腰痛の予防。
腰部の痛みの要因は日常の姿勢にあるとの昭和51年のナッケムソンの指摘以降、欧州ヨーロッパでは仕事中・炊事洗濯中などの予防対策が行われている。
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年の欧州ヨーロッパ委員会の腰の症状診療ガイドラインによれば、欧州ヨーロッパにおける腰部の疾患の一生涯発症の度合いは84%で、有病割合は23%であります。

米国での腰痛事情。
アメリカおいては、数多くのクランケの腰部(ようぶ)の疼痛は、要因を特定できない非特異的腰痛のようです。 この点について、ナッケムソンははっきりと学会の問題点を指摘されています。
米国は腰部の疼痛になった為に、1年間に日本のお金で1000億円以上が失われていると算出されている。
日本の腰痛事情。
わが国でも腰部の疾病が有訴者率一番(もっとも多い症状)で、国民の80%以上が一生涯において腰の疾病を体験されています。 大半の人は腰(こし)の疼痛を訴えてもエックス線・MRI診断で原因が見付けられないような状況も多々あります。 異常が見付かった場合もその部位が腰の疼痛の原因でない場合もあり、腰の疾患患者の8割は要因部分の特定されない(原因を特定できない腰痛)。

筋骨格系の腰痛と、それ以外の腰痛の割合。
腰部(ようぶ)の痛み中、骨折、感染症、がん、変性疾患など、要因の分かるのは1.5割くらいであり、あとの85パーセントほどは、原因箇所の判断できない非特異的腰痛である。 CT検査やMRI検査異常が見つかったとしてもその所見が腰部の病気の原因とは特定できません。
お年寄りの腰痛
ヘルニアや脊柱管狭窄は、年配者には非常にありふれていて、レントゲン・CT・MRIでは大抵の高齢の方にはみうけられるが、大半の場合は、それは腰の病気の要因ではない。
そのことは、しばしば手術を実施する根拠にされるが、その外科手術がうまくいっても結果的には腰(こし)の病気が改善されることは多くないのである。
緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)。
筋繊維などによけいなテンションが加わることで、筋肉が過度に緊張する為にひきおこされる腰部(ようぶ)の症状です。 過度な負荷を強いられると、交感神経はいつも優勢になり活発化し緊張をしいられ、余計な他の筋肉繊維も力が入る。
その結果崩れたバランスを順応しようと腰の筋肉に負荷が大きくなり、腰痛が発生する。



ブログ ブログ

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*